dumbo日記
東京学芸大学女子サッカー部
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ラストブログ
みなさんお久しぶりです!
ブログ係のめぐです。

残念ながら、これが私の書く最後のブログです。

なぜなら…
先日無事卒業しました~\(^o^)/


今日は、最後なので少しまじめに書こうと思います。
私だってまじめな文章書けるんだから!


今からちょうど4年前、私はダンボに入りました。

どうしても学芸に入りたくて浪人もしたので、
学芸でサッカーを続けることは私にとって大きな憧れでした。


だけど、高校と違って自分次第で色々なことができる大学という環境にいるうちに、

部活中心の生活をしてて、卒業してすぐ教師になれるのか?
何かほかに、学生のうちにやっておくべきことがあるんじゃないか?

とか思い始めてしまいました。


ただ単に、もっと楽な生活したかっただけなのかもしれないんですけどね。


そんなこんなで3年間は、あんまり部活に力を注げずに
みんなに迷惑をかけ続けて終わってしまいました。(みんなごめん)


ダンボでの最後の1年が始まるとき、
最後ぐらい本気で頑張ろう、
って思いました。遅いけど。


この1年、多くの時間をダンボのみんなと過ごしてきました。


yeah!ってとりあえず言っとけばいいと思ってた春合宿。

濃霧で味方が見えなくなった菅平合宿。

フレッシュな相手選手が次々に出現して心折れそうになる、
相変わらず交代のいない夏の試合。

マグナムで遊んだ夏合宿。(ちゃんとサッカーもしたよ)

アラサー雨男絶好調、豪雨の創価戦。

悔しすぎた東海戦。

一生忘れない、感動の東女戦。

楽しすぎた入れ替え戦の80分間。


振り返ったらきりがありません。

本当に充実した、濃い1年間でした。
キャプテンのさきや、
後輩たちみんなに支えられてここまでこれました。


そしてつい先日
素敵な追いコンもやってもらいました。

後輩たちの言葉が嬉しすぎて、
涙が止まりませんでした。

本当に4年間続けて良かったと、
心から思った瞬間でした。


私事ですが…
私は明日から教師になります。

まだ実感がわかないんですけどね。


今年の途中までは、
私はまだ冒頭に書いたような考えを持っていました。


でも、卒業した今思うことは
私の考えは間違っていたということです。


部活にたくさん時間を注いだことで
確かに勉強する時間は人より少なかったし
知識だって少ないと思います。


もちろん、勉強はとても大切です。
でも私はダンボにいて、
もしかしたらそれ以上に大切かもしれないことを教えてもらいました。


それは、教師として
これからずっと大切にしていきたいことです。

このことは、どんなに授業を頑張っても学べなかったし
ダンボにいたからこそ学べたことだと思っています。


私はこの4年間で
これから出会う子どもたちにも教えてあげたいことがたくさん出来ました。

これから始まる新しい生活に不安はあるけれど

追いコンのとき
ここで学んだことを教えてあげればいいんだって
背中を押してもらった気がしました。

胸を張って、この4年間経験してきたことや
大好きな仲間たちを自慢できます。


ダンボは、こんな素敵なチームです。


これを読んで下さっている新入生や受験生の方がもしいたら…

ダンボには、個性的で仲間思いで、
皆さんを心から歓迎してくれる先輩たちがいます。
本当に充実した大学生活が送れます。
一生ものの仲間ができます。

是非、仲間になってください。


今年の新チームは、もうすでにリーグ戦に向けて動き出しています。
これからも、ダンボへの応援よろしくお願いします!
私もこれからは応援団にでもなっちゃおうかな~


ダンボのみんな、さき、
今まで本当にありがとう!


次回は新たなブログ係が更新かな?
後任誰かな?
楽しみだわ


長くなってしまってごめんなさい
ここまで読んで下さってありがとうございました!


それでは、次回の更新をお楽しみに~
スポンサーサイト
[2013/03/31 18:59] | 2012シーズン | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

dumbo

Author:dumbo
東京学芸大学女子サッカー部DUMBO(ダンボ)です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。