dumbo日記
東京学芸大学女子サッカー部
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
最終戦を終えて

みなさん、こんにちは。
4年のゆいです。

今年は暖冬だと思っていたのに、
めっきり寒くなりました。
雪がなかなか溶けませんね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。



今回は最終戦の話を振り返ってしたいと思います。

少し長くなるかもしれませんが、
書き留めておいた率直な気持ちを書こうと思います。




12月12日(土)


まずは絵日記の通り、晴れて良かったです。

週間天気予報に雨マークがついた時には
どしゃぶりの中での試合も想定しましたが本当に良かったです。


そもそも絵日記というのは、
今シーズンのチームづくりの時期(2015年2月〜3月頃)に
(私の想いとしては)チームの最終目標を共有するために
2・3・4年生で書いた、最終戦の絵日記のことです。



私はその時、
9ヶ月後の最終戦を想像して、
こんな文章を(実は絵も)書いていました。


------

2015年12月12日(土)


今日は、大学生活最後の試合でした。

たくさんの人が観に来て下さり、

本当に本当に感謝でいっぱいです。



勝ち試合を見せることが出来たので、
少しは恩返しできたかな、と思います。


今日はスタートからみんなの足がよく動いていて、
相手を運動量で上回れました。

ずっと練習を重ねてきた形で得点でき、
最終戦にして2桁得点・5アシストを達成できました。


あいさつが終わった後、
「よくこのチームでここまで来たね」
という驚きの声を聞き、
誇らしい気持ちになりました。


個性豊かで
色々なことがあったけれど、

一人一人のらしさが出た70分間を
最後に見せつけられました。


最後の1年として、悔いなし、です。


#18 結

------



ダンボのみんなは、もう何度も見た文ですね。

4年生の絵日記は、機会のある度に見せていて
最終戦の直前にもみんなでモチベーションビデオの形で見ました。

4年生の想いを最後にもう一度みんなに知ってもらいたかったからです。

ダンボのみんなは、自分の書いていた絵日記と比べてどうでしたか。

一度、振り返ってほしいと思います。



本当は自分のことはあまり
話したくないタイプなのですが、
あえて素直に書きます。



私は、
達成出来たこと と 出来なかったこと
どちらもありました。

なので、
嬉しく幸せな気持ち と 情けなく悔しい気持ちが
半分ずつありました。



出来なかったことは、自分の力不足のせいです。

チャンスはあったのに決められなかったこと。
良いパスが出せなかったこと。

練習不足や質の低下のせいで、二桁得点・5アシストはおろか、
昨シーズンの自分の記録を上回ることすらできませんでした。

自分に負けたこと、それが一番悔しいです。



出来たことは、みんなの支えがあったおかげです。

この私が、今の身体でピッチに立ち続けられたこと。

70名を越すたくさんの方が応援に駆けつけ
大きな声で応援して下さったこと。

格上相手に走り負けることなく、
練習してきた形で得点できたこと。

1年前からは大きく成長したチームを見せられたこと。

一人も欠けることなく最後までみんなで戦えたことは
キャプテンとして何にも代えがたく嬉しかったです。



そして、最終戦が終わった瞬間に最も感じた感情は、

自分が誰かを感動させているという

「不思議な感情」

でした。


自分は負けて悔しいのに、
観に来てくれた人は感動してくれている。

一年間必死にやってきたことが、
実を結んだ結果だったのではないかと思います。

そして、応援に来て下さった皆さんが
素敵な雰囲気を作ってくださいました。
感謝しております。
先生・コーチ方、母校のみんな、ものづくりのみんな、
男サカの皆さん、お友達の皆さん、両親、かず、
本当に本当にありがとうございました。




私は、1年生の時の最終戦を経て、
それまで大っ嫌いだったダンボと向き合うことにしました。

今や、こんなにもダンボが大好きになり、
後輩やたくさんの方が最後の70分間を支えてくれました。

最終戦って、本当に不思議な力を持つ空間です。

あの試合を経験して、
ダンボのみんなもそれぞれ、
色んな感情を抱いたのではないでしょうか。




このチームに関係することは、
良いことも良くないことも
みんなに等しく関係すること。

2015チームの始動日に私が言った言葉を、
みんなは体現してくれました。

最高の時間を、ありがとう。



続きは、追いコンで。



もう、2016チームは動き出しています。
あの最終戦の日に感じたことが、
みんなの中で少しでもエネルギーになっていることを願って。

私もまだまだチームのために
自分が感じた悔しさをぶつけて
自分にできることを
精一杯やっていきたいと思っています。



長くなりましたが、それでは。
お読み頂きありがとうございました。




#18 ゆい
スポンサーサイト
[2016/01/23 15:00] | 2015シーズン | トラックバック(0) | コメント(0) |
Enjoy soccer!
こんにちは。
N類カウンセリング専攻4年の
中西萌子です。

先月、部活を引退しました。
まずはお礼を述べたいと思います。
熱い指導をしてくださった
えんさん、わかさん、
あきさと先生、平塚さん。
ただの問題児だった私に
優しく接してくださった先輩方。
ひたすらふざけてた私に
ついてきてくれた後輩たち。
4年間苦楽を共にしてきた
ゆいとじぎー。
寒い中応援に来てくれた友達。

たくさんの人に支えられて
4年間を終えることが出来ました。
ありがとうございました。

私が後輩たちに伝えたいこと。
それは、前回のブログでも
述べましたが、
サッカーを楽しむことです。

遊びで楽しむわけではなく、
本気で楽しむ。

本気でやるからこそ
楽しさがわかるときがあります。

どんだけ辛いことがあっても
この楽しさを知れば
最後まで頑張り抜けます。

それは私が身をもって
経験したので
間違いありません。

練習がつまんないなー
と思うことも時にはあります。

そのときは少し視点を
変えてその状況を
見てみてください。

つまらない練習でも
視点を変えれば
楽しい練習に
変わるかもしれません。

それは自分次第です。

楽しいとどんどん
サッカーが上手くなりたいと思い
相乗効果が働くことでしょう。

全ては物事の捉え方次第です。

みなさん、
ぜひサッカーを楽しみ
大好きになってください。
応援しています。

本当にありがとうございました!
[2016/01/21 23:34] | 2015シーズン | トラックバック(0) | コメント(0) |
最後に伝えたいこと

引退試合から一ヶ月が経とうとしています。
挨拶が遅れました、A類保健体育の松本沙紀です。

4年間、思い起こすと色々なことがありました。

空き時間に自主練を付き合ってもらったり、
合宿所のトイレが怖くて誰かに付き合ってもらったり、
散歩付き合ってもらったり・・・

色んなことを付き合ってもらいました。(笑)

そんな中で、
本当に良かったことは、サッカーを好きになれたこと。

私は、途中からこの部に入り、
途中いなくなったりしていますが、
それでも、本気でサッカーに取り組むことができたと思います。

後輩たちに伝えたいのは、
色々思いがあっても、
最後はDUMBOの一員として迎えてほしいということです。

最後になりますが、この環境を作ってくださった、
先輩方、先生方、応援してくださった皆さん、後輩のみんな、
そして一緒に過ごした結と萌子に感謝したいと思います。

本当にありがとうございました
[2016/01/11 22:36] | 2015シーズン | トラックバック(0) | コメント(0) |
2015シーズン最終戦を終えて、始まります

こんばんは。
4年のゆいです。

ついに、最終戦を終えて、の4年ブログになります。

じぎーも萌子も
それぞれ想いを綴ってくれることでしょう。

順番は、
第二言語はスペイン語なのになぜかイタリアに行くじぎー、
新年早々不運続きなダンボのアイドル萌子、
そして私ゆい、
の順でお送りします。

それでは。

ぜひ、読んで
言葉を心に留めてほしいと思います。
[2016/01/11 22:36] | 2015シーズン | トラックバック(0) | コメント(1) |
プロフィール

dumbo

Author:dumbo
東京学芸大学女子サッカー部DUMBO(ダンボ)です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。