FC2ブログ
dumbo日記
東京学芸大学女子サッカー部
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
タイトルをつけたのは私❤️

こんにちは。こんばんは。

先日、都リーグの第2戦を終えました。

二週続きかつ、最近の中でも特に猛暑だったこの日曜日は、想像以上に厳しい試合でした。

今週は本戦がないので、体調を整えながら次回の都リーグに備えましょう。


さて、今回お話しをしていただくのは 、私と同い年(!)の3年生である、キャプテンです。

💙💚💛💜❤
こんにちは。
3年#21のみどりです。


まずはじめに……
私の気分でブログ係に任命したのにも関わらず……
それをそつなくこなしているそら、
ありがとう。
ブログ係としてもCBの相方としても
期待しているよ!



さて都リーグが開幕して2戦、
私が常々考えているのは、
テーマ「協働」を体現できるような
チームを、いかにして作り上げるか、
ということです。

本音を言うと、
そのテーマがあるのにも関わらず
私一人が頑張ればどうにかなる、
そう思っていた時期もありました。

しかし、ピッチの上では11分の1に過ぎない私が出来ることを考えたとき、
技術や経験値で勝る相手と戦うには、
誰かに頼るワンマンチームにするのではなく、「チーム」として戦える集団を作ることが必要であると感じました。

そしてその上でまず知らなきゃいけないのは、お互いの考えや想いである、と。
だからこそ、ノートは書くこともさながら、誰かが書いてきたものを読むことが重要になってきます。
自分と同じ疑問をもった人がいた、或いは自分が考えもしなかったことを考えている人がいた。普段の会話だけでは気づけない部分を知れることが出来ているのではないでしょうか。

しかし、気づきだけではダメだとも思っています。今度はみんなで共有できたその気付きをどうやってサッカーのプレーの中に落とし込んでいくか。そしてみんなが落とし込めるようなメニューや空気に出来るか。それが私の課題であると認識しています。



開幕して2試合、
やってきたことはまだ、
結果には繋がっていません。

でも「協働」を
試合の中で体現できたとき、
そのときには自ずと結果はついてくると思っています。
こんなところで立ち止まっていられないですね。
頑張ります。

💙💚💛💜❤

緑さん、ありがとうございました。

気分でこの係に任命されたと、今初めて知りました。
一体どんな気分だったのでしょう…。

「 そつなく」なんて評価をいただきましたが、私としてはまだまだ不慣れなので、CB共々精進していきたいと思っています。

さて、試合開けの月曜日は、ミーティングから始まりました。
昨日の敗戦を受けて、うまく機能しなかったところを話し合いました。
俗に、『勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし』といいますが、負けた理由を追及し、改善に繋げるためには、こうしたミーティングは非常に有効だと思います。

対戦相手が経験値が高いことは、仕方がないことです。
だから、限られた経験しかない私達ができるのは、一つの経験からより多くの気づきを得ることでしょう。

今書いているDUMBOノートにしても、ミーティングにしても、コミュニケーションの場として活きてきますから、積極的に利用していきましょう。


試合をしている以上、勝ちは何にも替え難いものですが、敗戦した今、それをより有用にしていくことが、次の試合に繋がる一手になるはずです。

まずは今週末のTMをしっかりとこなし、本戦に向けて頑張っていきましょう。

本日はこの辺で。
#6 青空
スポンサーサイト
[2016/07/05 23:04] | 2016シーズン | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<大人の階段を登っています | ホーム | Tシャツ売ってます。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tgu1979dumbo.blog.fc2.com/tb.php/74-b22f71ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

dumbo

Author:dumbo
東京学芸大学女子サッカー部DUMBO(ダンボ)です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。